湘南ゼミナール 大学受験コース

  • TOP
  • > 合格体験記

合格者の声合格者の声

y_haneda

東京大学文科三類

羽田 悠馬さん

横浜翠嵐卒業

Q. 受験を終えて率直なお気持ちを聞かせてください。

A. 二次試験本番が終わった後、数学も英語も手ごたえが全くなくて不合格を確信していたので合格できたのがまだ信じられないけれど本当にうれしいです。この辛かった一年間の努力が報われた気がします。この経験を糧に大学での勉強も頑張りたいです。

Q. 湘南ゼミナール高等部のココが良かった!

A. 湘南ゼミナールの良いところは大手の予備校と違って先生との距離感が近いところだと思います。その教科の専門の先生が直接じっくり過去問添削や質問対応などをしてくれるうえ、そこから学ぶべきことまで詳しく教えてくれたので、深い理解、応用が出来るようになりました。自習室で勉強しているほかの生徒の方々の姿を見て、常に緊張感を持ちつつ、負けないようにと自分を鼓舞できるとても良い環境だと思いました。思えば一年生の時からここに通い、本当に多くの事を学びました。有難うございました。

Q. 勉強や生活の秘訣を教えてください。

A. 1,2年生の時は自習時間がほとんどなかったのが反省すべき点ですが、部活やバイトでどんなに忙しくても、学校や塾の宿題、テスト勉強だけは真剣に取り組むことが出来たのが本当に大きかったです。3年生までそんなに受験を意識する必要はないと思いますが、最低限与えられたものをこなすことが何より大切です。3年生は計画が一番大切だと感じました。受験までの残り時間を意識する時期になると思うので、その限られた時間の中で自分に何が必要か、考え、計画を立てることをお勧めします。直前期は学校もなくなり、時間に余裕が生まれると思いますが、そこで今までの生活習慣を保つことが大切です。

k_nomura

北海道大学水産学部

野村 季里さん

柏陽高校卒業

Q. 受験を終えて率直なお気持ちを聞かせてください。

A. 本番はとても緊張して手応えがなくて合格発表までずっと不安でしたが、やっと実感が湧いてきて嬉しいです。

Q. 湘南ゼミナール高等部のココが良かった!

A. アットホームなところ。先生やコーチングスタッフと話しやすくて居心地が良かったです。

Q. 勉強や生活の秘訣を教えてください。

A. 部活が7月まで忙しくて受験勉強に専念できたのが夏休みからだったので焦りはありましたが、その分気を引き締めて集中して勉強できました。

s_nakayama

東京大学理科一類

中山 想一朗さん

桐光学園卒業

Q. 受験を終えて率直なお気持ちを聞かせてください。

A. 早く相対性理論を勉強して、重力場と時空間についての真実をこの目で確かめたいという思いで一杯でした。元々受験勉強そのものについて興味はそれほどなく、あくまで勉強の本質、物事や現象を理解したいという思いで勉強していたので、受験に対する未練は、東大本番の日さえもありませんでした。また、私が東大合格したとき、友人たちの祝いの言葉をいただいて、「自分の現状はあたりまえのことではない。他者の応援と他者の敗北を背負うものなんだ」ということを悟りました。そのとき、うわべだけではない本当の感謝の気持ちが芽生えました。

Q. 湘南ゼミナール高等部のココが良かった!

A. 独学で高校数学を終わらせた私は、どうしても自分独自の考え方にはまってしまうことが多くありました。そんなときに自己流に走って勘違いを貫く前に修正できたことや、思考の型を「受験」に向けることができたのは湘南ゼミナールのおかげです。また、私の学校では全員に合わせて授業を行っていたので、自分に適した授業型を見つけられませんでした。ですが、湘南ゼミナールでハイレベルな授業を受けることで、自分の知的好奇心を活性化し、自分に適切な勉強スタイルを自分で見つけることができました。湘南ゼミナールの授業がなければ、私は確実に合格していなかったと言っても過言ではありません。

Q. 勉強や生活の秘訣を教えてください。

A. 「人間は魅力に気づいたときに、無限大の潜在能力を発揮する」私はこの言葉を受験勉強を通じて発見しました。退屈な勉強にむやみに取り組んだり様々な大学の過去問(計112年分)を解いても意味ないです(体験談)し、見えない程の小さな一歩に大きく感動することが、自分の急激な成長の引き金になっていると思います。単語1個覚えられたことにも感動するくらい自分の成長を喜べば、本当の進歩を目にすることができるはずです。「努力量と実力は比例しない。魅力のない努力は普通に嘘をつく。でも好奇心は正直だ。」

h_minami

一橋大学法学部 法律学科

南 秀太さん

柏陽高校卒業

Q. 受験を終えて率直なお気持ちを聞かせてください。

A. 受験期はずっとはりつめていたので、今はまず安心というのが一番にきています。僕は2年生まであまり勉強していなかったので、3年生の1年間で伸びるのかとても不安でしたが、最後まで頑張り続けたことで何とか合格を勝ち取れたんだと思います。そんな自分を今は褒めてあげたいと思っています。

Q. 湘南ゼミナール高等部のココが良かった!

A. 先生との距離が近く、質問や相談がしやすい。授業でよく当てられるから、集中力がとぎれない。小テストや演習の成績が貼り出されるので燃える。

Q. 勉強や生活の秘訣を教えてください。

A. 部活と勉強を両立するのは大変だけど、両方とも手を抜かないことを意識すれば、効率は段違いに向上します。実際、僕も部活をやっているときが一番勉強効率が良かったです。部活をやっている期間に自分なりに効率のよい勉強方法や短期集中の精神力などを確立することが、その後の受験勉強の大きな助けになると思います。

y_shiraishi

東京大学文科三類

白石 悠里子さん

東京学芸大学附属高校卒業

Q. 受験を終えて率直なお気持ちを聞かせてください。

A. まだ合格したことが信じられませんが、うれしさや安心を感じます。頑張ってきてよかったです。何よりここまで支えてくれた先生や友達、家族に感謝したいです。

Q. 湘南ゼミナール高等部のココが良かった!

A. まずアットホームな空間です。顔見知りの先生や事務の方ばかりで安心して通うことができました。また先生方も個性的で授業を受けるのが楽しかったですし、自分のやりたいように勉強、受験をさせてくれました。それとよい仲間のおかげで一度も塾に行くことを嫌だと感じることはありませんでした。

Q. 勉強や生活の秘訣を教えてください。

A. 3年の9月まで部活や行事で忙しい日々を送っていましたが、頑張る周りの友達に刺激され、全てに全力投球できたと思います。両立で大切なのは切り替えを楽しむことではないでしょうか。移動時間等々を集めると思いの外時間はあるものです。そして勉強も含め丸ごと楽しもうとしたことが私の場合よかったです。

m_nakano

横浜国立大学教育学部学校教育課程

中野 未優さん

横浜緑ケ丘高校卒業

Q. 受験を終えて率直なお気持ちを聞かせてください。

A. まさか第一志望に公募推薦で合格できるとは思ってもいなかったからすごくうれしい。センターの対策と推薦の準備を同時に進めるのは、時間的にも精神的にも辛いことが多くて、ジョイナスの地下街を泣いて帰ることもありました(笑)それでもあきらめずに努力してよかった!!

Q. 湘南ゼミナール高等部のココが良かった!

A. 先生との距離が近い!!毎日のように質問しても、ていねいに教えてくれるし、授業の担当ではない先生も話しかけてくれるし、名前も覚えてくれる。そして、常に応援していてくれる。そんな湘南ゼミナールが私にとって、すごく居心地の良い場所だったから、3年間通い続けることができたのだと思う!!

Q. 勉強や生活の秘訣を教えてください。

A. 3年間通い続けたことで、自習室で勉強する習慣が早い段階でついていたのは良かったのだと思う。また、部活の仲間と一緒に通うことで、お互いに支えあえたし、刺激しあえた。私は、部活を全力でやりきれたから、勉強も頑張れると思えたし、面接で話せるネタもたくさんあった!!勉強も部活もあきらめないことが大切だと思う。

m_tsutsumi

早稲田大学文学部文学科

堤 萌々香さん

横浜緑ケ丘高校卒業

Q. 受験を終えて率直なお気持ちを聞かせてください。

A. 志望していた大学に合格できてとてもうれしいです。少しの時間を無駄にせず頑張ってきて良かったなぁと思いました。両親や先生、友達も喜んでくれたので応援してくれた方たちに恩返しができてよかったです。

Q. 湘南ゼミナール高等部のココが良かった!

A. 授業がわりと少人数で、先生と生徒の距離が近く、質問したり、アドバイスをいただいたりし易い環境が良かったと思います。教室の雰囲気も明るく開放的で勉強がはかどりました。ありがとうございました!!!

Q. 勉強や生活の秘訣を教えてください。

A. 志望校に合格するためには、「受かるために何をやったらいいか」を常に考えながら勉強することが必要だと思います。そうすれば、勉強中に不安を感じることなく集中でき、効率もぐっと上がると思います。何をしたらいいか分からない人は、過去問研究をしたり、先生やコーチングスタッフに相談してみてください!

関連情報